運転免許証取得トライ

運転免許証取得の詳細

講習期間9カ月で仮免含む第二段階まで

初回運転者講習などを受けて、教習所で新規に「普通自動車運転免許証」を取得する場合の教習期限は9カ月です。その9カ月のあいだに第一段階と第二段階の見極めまでを終わらせる必要があります。仮免許は第一段階終了後に取得するわけですから、期間的にはその両方が9カ月の中に含まれていると考えなければなりません。

次の難関は卒業検定までの期間3カ月


第二段階の見極めが良好となった場合の次の難関は、期間として設定された3カ月のあいだに卒業検定に合格しなければならないということです。仮免許の有効期限は最長で6カ月間ですが、この期間は教習期間とは別に数えられます。そのため解釈としては、「9カ月の教習期限は終了してしまうけれども、仮免許の有効期限がまだ十分に残っているという場合は、2つの受験方法が選択肢として考えられます。1つめ選択肢は、「試験場で直接受験する方法」です。2つめの選択肢は、「自動車教習所に再入学する方法」です。自動車教習所に再入学する場合の教習は、第二段階スタートすることになりますが、教習期限としては“仮免許の期間のうちにクリアする必要”があります。

仮免許の有効期間が切れてしまった


事例として考えられるのは、「教習期間の9カ月以内だけれども、仮免許を早く取得したために6カ月の有効期間が切れてしまった」というケースです。この場合は、仮免許をもう一度取り直さなければならなくなるので注意しましょう。受講したカリキュラムの項目は有効として残されますが、うっかりしたために、また戻って取り直すのは言いようがないほど悔しいものです。

仮免の19歳少女の車、猛スピードで街路灯衝突

卒業証明書の有効期間は1年間


ともあれ、どうにかこうにか卒業検定に合格できた人には、「卒業証明書」が手渡されます。この卒業証明書の有効期間は1年間です。その期間内は運転免許試験では“技能試験免除”という扱いになります。実際に自動車を運転するわけではないので、仮免許そのものの有効期限は切れてしまっても差し支えありません。教習所に通ったりして免許を取得するまでには、すべての過程に“有効期限”というものがついてまわります。ハードルや難関を突破しても、ゴールまでは気を抜かずに、できる限り短期間で走り抜いてしまうことがスムーズな免許取得のコツと言えます。

気をつけたい免許の有効期間


運転免許証の更新期間は、誕生日の前後1カ月間となります。たとえば、誕生日が6月5日の人は誕生日から数えて前月の5月5日から後の月の7月5日までが更新期間となります。新規の免許証を有している人は、更新後の免許証の有効期間は3年間となります。更新手続きは各運転免許センターで行えます。また運転者区分が「優良運転者」(運転免許経歴5年以上・過去5年間無事故・無違反)となった場合、有効期間は5年に延長され、次回の更新時にはゴールド免許が交付されます。

飲酒運転は無期限免許取り消しでも十分!


交通違反を犯して捕まった場合には反則金や罰金が命じられます。それと同時に違反点数の行政処分も課せられます。反則金・罰則金は、違反キップを切られたときの、告知日までが期間となります。ご注意ください。厳罰化により酒酔い運転(飲酒運転・酒気帯び運転)の事故は減る傾向にありますが、それでも十分とはいえません。免許停止の違反点数や運転免許取消し・欠格期間など厳しく定められています。飲酒運転は免停か免取のどちらかでしかありません。無期限の免許取り消しでも十分です。

「飲酒運転で銃殺刑」はいつ始まったデマか(追記あり)