運転免許証取得トライ

運転免許証取得の詳細

運転免許に必要な視力とは


運転免許証を取得する際はもちろん、運転免許証更新のときにも適性検査などで必ずクリアしなければならないのが視力です。視力は、特記事項に裸眼測定などと書かれていない限り、メガネやコンタクトレンズなどを着用したままの矯正視力で臨めますが、検査前には自分でもあらかじめチェックしておく必要があります。たとえば「普通免許 1」を取得する場合の視力条件は、片目でそれぞれ0.3以上、両目をあわせた視力で0.7以上見えることが条件になります。片目が0.3以下の場合は、もう一方の眼の視力が0.7以上あって、視野角が左右150°以上あることが求められます。

「原付または小型特殊 1」の運転免許を取得する場合の適性視力は、 メガネやコンタクトレンズで矯正するか裸眼の状態で、両眼の合計が0.5以上あることが必要とされています。 片目が見えない場合、見えるほうの眼の視野角が左右150°以上あれば合格になります。「二種、あるいは大型免許 1」の免許取得に際しては、片目でそれぞれ0.5以上の視力、両目の合計で0.8以上見えればOKですが、この視力に加えて立体感検査の距離合わせの誤差が2cm以下であることも、あわせて必須要件となります。    

年に一度は視力のチェックと調整を

 
「小型船舶免許 1」や「パイロット(第一種)」など、免許には多くの種類があり、求められる視力や視野角は免許種別により異なります。 パイロットなどは近距離視力も重要視される職業であり、視力検査の重要なチェック項目になっています。普通自動車であれ二輪車や特殊免許であれ、免許更新のときには、加齢による視力の衰退を考慮しないわけにはいきません。裸眼視力に自信のある人でも、遠視や近視、乱視、老眼といった症状に悩まされる時期が訪れます。とくに商業用の運転免許を必須とする人や会社の営業・運搬などで商用車を運転する人は、視力低下にあわせた対策法を考えておく必要があります。

視力回復トレーニングや視力回復手術、その1つでもあるレーシック手術、あるいは近視手術なども選択肢にあげられます。近年ではこうした手術法も飛躍的にレベルが向上しましたから、日帰り入院など、視力アップの手段としても手軽になりました。少なくても年に一度は最寄りの眼鏡屋に行き、視力基準との誤差を埋めておきましょう。ちなみにレーシック手術とは、角膜をレーザーで削り、角膜のカーブを矯正することで屈折異常を直し視力を回復させるものです。世界的に広く用いられている手術法ですが、レーシックは裸眼でモノを見ることを目的とした外科的手術ですから、眼鏡やコンタクトレンズで矯正できる人、またはそれで不便を感じない人が受ける手術ではありません。またメリットと同時にデメリットもあります。